便秘がひどくなるさつまいもがあるって本当?

satuma

食物繊維たっぷりのさつまいも。秋、冬はアツアツの焼き芋や天ぷら、暑い時期には冷凍した焼き芋や大学芋を半解凍して食べるのも美味しいですね。食べるとすぐにガスが出るイメージが強く、通常は確かに便通が良くなります。けれども、さつまいもは便秘を悪化させてしまうこともあるのです。もちろんさつまいもの中に便秘を起こす種類が存在するわけではありません。紅あずま、鳴門金時、安納芋などさつまいもならどの種類でも同じで、食べない方がかえってお腹の調子が良い時もあります。
そもそも、さつまいもはなぜ便秘に効果があるといわれているのでしょう?それはさつまいもに含まれるヤラピンという成分に腸の動きを良くする働きがあると分かっているからです。生のさつまいもを切った際、包丁に付く白い液体、芋掘りの後でなかなか落とせない黒い汚れがヤラピンですので、知らず知らずのうちに目にしていることがあると思います。ヤラピンは熱に強いため火を使って調理しても壊れないのが特徴です。
もう一つ便秘に良いとされている食物繊維も豊富です。しかしさつまいもに含まれる食物繊維は水に溶けやすい水溶性食物繊維ではなく不溶性食物繊維なので水分を含み腸内での便の量が増えることになります。ですから腸の状態が通常の場合はもしくは軽度の便秘の場合は排泄が促進され、腸内に蓄積されている宿便などもスムーズに排便できるようになります。しかし何日も便秘が続いている人の腸内は既に排泄すべき食べ物のカスが溜まっています。

 

排出されなければならない便で狭まっている腸内に新たにカスが入ってくれば、ますます排便しにくい状態になってしまうのです。つまりさつまいもを食べた後でも便が出ず、反対にお腹が張って苦しい感じがした時は、食べる量が少なすぎたのではなく、今の状態に合っていないのだと判断できます。さつまいもで便秘解消をする場合は、便秘の程度がどのくらいであるかを自分で判断してより苦しい状況にならないよう気をつけましょう。

カイテキオリゴは赤ちゃんも飲めるって本当?

kaiteki

便秘解消に高い効果があると評判のカイテキオリゴですが、赤ちゃんの便秘にも効果があるってご存知でしたか?

ママの間では、妊娠中からカイテキオリゴを愛用されていて、産まれてきた赤ちゃんが便秘がちなので、飲ませていると言う方もいらっしゃいます。
カイテキオリゴは赤ちゃんに飲ませても大丈夫なのでしょうか?
便秘で悩む赤ちゃんにも、本当に効果があるのでしょうか?
カイテキオリゴと赤ちゃんについて調べてみましたのでご紹介します。

カイテキオリゴは赤ちゃんに飲ませて大丈夫なの?

カイテキオリゴは、便秘を解消してくれる食品であって、薬ではありません。添加物も一切使用されておらず無添加なので、赤ちゃんの身体にも優しい商品になっています。
赤ちゃんが離乳食をスタートさせる5~6カ月頃から便秘になることがよくあります。やはりそれまではママの母乳やミルクだけだったのが、少しずついろんなものを摂取するようになるので、赤ちゃんによっては、便秘になってしまうこともよくあります。
赤ちゃんの便秘対策といえば、やはり綿棒で浣腸やお腹をのの字にマッサージしてあげるのが一般的ですが、それでも効果のない赤ちゃんにカイテキオリゴがオススメです。
カイテキオリゴのオリゴ糖は、国産の天然素材使用で、純度がほぼ100%です。
赤ちゃんのお腹の調子を整えて、自然に便が出るように働きかけてくれます。カイテキオリゴは自然食品なので、赤ちゃんに飲ませても大丈夫です。

赤ちゃんにもカイテキオリゴは本当に効果があるの?

個人差がありますが、カイテキオリゴの口コミなどを読む限りカイテキオリゴを利用された赤ちゃんの多くはその効果のおかげで、自然に便を出すことができるようになっています。
ですが、効果はすぐにあらわれる赤ちゃんは少ないようで、やはり早くても、カイテキオリゴを飲ませ始めて、1週間程度経過したころから便がでるようになる赤ちゃんが多いようです。
2~3日あげてみて効果がないと感じてしまいがちですが、根気よく1週間ほど様子をみてあげることをオススメします。

赤ちゃんへのカイテキオリゴの飲ませ方

カイテキオリゴの赤ちゃんの摂取量は、1日1gからになっています。
専用のスプーンで軽量してから、ヨーグルトや果汁などに溶かしてあげたり、離乳食に混ぜてあげたりするのもおすすめです。
1日の量や回数は、赤ちゃんの様子をみて、いきなり量や回数を増やすようなことはしないで、加減してあげてください。
カイテキオリゴの効果で便が出るようになったら、一度カイテキオリゴの使用をストップするのもいいと思います。
しばらくして、また便秘が続いた時に飲ませてあげるというのがいいでしょう。

いかがでしたか?

赤ちゃんの便秘にも効果があるカイテキオリゴですが、やはり赤ちゃんに飲ませる量には注意が必要です。
結果を急ぐあまり、量や回数を増やすのは危険ですので気を付けてください。
オリゴ糖は飲みすぎるとお腹がゆるくなることがありますし、母乳をあげているママがカイテキオリゴを飲んでいる場合は、赤ちゃんに飲ませる量を減らさないと、ママが摂取した分を母乳から摂取することになるので、オリゴ糖の過剰摂取になってしまうことがありますので、授乳期の赤ちゃんに与える量は注意が必要です。

便秘解消にツボ刺激は効果がある?

tubo

何日も出ないつらい便秘解消に、東洋医学の「ツボ」を刺激することで排便を促すことができると言います。なじみのない人にとってみれば怪しい感じもするツボ刺激ですが、本当に効果があるのでしょうか?

確かに、ツボ刺激に代表されるような東洋医学は、知識のない人から見れば根拠が分かりにくく、治療の風景もマッサージとあまり変化がない上に、昔からのイメージでオカルトのような雰囲気も手伝って、とても怪しく見えると思います。しかし、東洋医学にも長い歴史の中で実際に治療を繰り返して築いてきた確かな根拠があり、ツボの刺激などの処方もその根拠に基づいた上で行っていますので便秘解消をはじめとした様々な症状を改善していくことができます。

その背景には、東洋医学は体の中にエネルギーの通り道である、経絡(けいらく)と呼ばれるものが体中に張り巡らされていて、その中でも特にエネルギーの反応が強い場所が存在すると言われています。それこそが、ツボであり東洋医学で「経穴(けいけつ)」と呼ばれていて、私たちの体の中には365か所ものツボがあります。東洋医学では体に何らかの不調があるときはこれらのツボに変化が現れるという考え方があり、変化が表れているツボに刺激を与えることで体の不調は改善できる、という基本的な治療の考え方があります。

もちろん便秘という体の不調に対応するツボも多く存在し、そのツボを刺激することで便秘を改善していきます。例えば、背中側の肋骨の一番下の骨から指2本分下に、背骨から指4本分外側へいったところにあるツボは、その名も便秘点と呼ばれ、便秘解消に大きく効果があるとされています。そのほかにも、お腹(天枢)・手(合谷)・足(三陰交)など、様々な場所に便秘に効果があるツボが存在します。

以上のことから、便秘解消に東洋医学のツボを刺激することは、長い歴史の中で築き上げられた実績のある方法ですので、効果のあることと言えます。

インナーマッスルを鍛えることは便秘の解消につながるの?

inner

インナーマッスルを鍛えると、スタイルの改善だけではなく、今まで長年悩んできた頑固な便秘解消にも効果があると言われていますが、本当のところはどうなのでしょうか?

確かに、便秘というのは生まれ持った遺伝的なものや、食べ物や飲み物、または大腸などの内臓に問題があるのであって、それを解消するには食生活や生活習慣を改善しないと便秘の解消にはつながらないので、筋トレをしても便秘は解消されない。という考え方が一般的だと思います。しかし、インナーマッスルと便秘には密接な関係があり、インナーマッスルを鍛えることで、便秘解消につなげることができるかもしれないのです。

なぜなら、インナーマッスルを鍛えることで、大腸のぜん動運動と呼ばれる便を肛門まで運ぶ動作が活発になったり、腸のねじれが治って正常になるからです。インナーマッスルの中の腸骨筋と大腰筋と呼ばれる部分は、骨盤の深い部分にあり、骨盤と大腿骨・背骨と骨盤をそれぞれつないでいて、歩行の時に使われます。そしてこれらの筋肉は、大腸のすぐそばにあり、鍛えることで、ぜん動運動を促してくれたり、内臓を適正な位置に戻し、大腸のねじれを矯正してくれるのです。

しかし、インナーマッスルは意識してトレーニングを行わないと鍛えることが難しく、がむしゃらにやればいいというものではありません。ですので、重いウエイトをつかった負荷の高いトレーニングはインナーマッスルを鍛えるのには向いていません。では、どういったトレーニングがいいかというと、まずは「歩く」ことです。それも背筋をピンと伸ばして足を根元からしっかり振り出すことを心掛けないと効果がありません。最初はこれだけでもインナーマッスルに刺激が伝わり、徐々に筋力が向上していくでしょう。

以上のことから、インナーマッスル(腸腰筋・腸骨筋)を鍛えると、大腸が正常な活動ができるようになり、便秘解消に大きく役立ってくれると言えます。

赤ちゃんの便秘にオリゴ糖という選択肢はどうなの?

akaori

赤ちゃんのことについては、心配が尽きませんよね。お乳の出が悪いのかな? ミルクを飲まない。離乳食を上手に食べてくれない。寝返りが遅いのかな? 初めての子ならなおさらです。

その中でも、健康管理は重大問題です。なにせ、話しが出来ないから、どこが痛いのかどう痛いのか教えてくれないのですから。その中でも、便秘がよくありがちな問題です。

 

どうして便秘に……

便秘にならないように気をつけることが出来たらいいですが、動きだした赤ちゃんを止めることは誰にもできません。ということは、何を食べてしまうか分からない! ということなのです。それが便秘になる原因の1つです。

それまできれいだった腸内環境に雑菌が入りこんでしまうのです。

 

オリゴ糖はどうなの?

便秘解消に薬を使うのは、抵抗がありますよね。「の」の字にマッサージしても出てこない、でも薬は出来れば使いたくない! 病院で処方された便秘の薬だったとしても何となく抵抗がありますよね。便秘になる前に食べ物で便秘予防をしたいところです。

ここで登場するのが、オリゴ糖です。ビフィズス菌のエサになり、腸内環境を整えて排便を促してくれるのです。オリゴ糖は母乳にも多く含まれている成分ですが、離乳食が始まったことにより、母乳を飲む量が減ることでオリゴ糖も減ってしまうのです。

減った分を補うという意味でも、安心です。

 

どんなオリゴ糖がいいのか

オリゴ糖にもいろいろありますよね。液体状のもの、か粒状のもの、サプリメント状のものなど、オリゴ糖と1口に言ってもいろいろなものが販売されています。ですが、お勧めなのは液体状のものです。大きな形のものだと上手に飲み込めないでのどに詰まったり、誤嚥のもとになってしまうからです。

ヨーグルトや飲み物に混ざるものにしましょう。

そして、消化吸収されるものと、消化吸収されないものがあります。間違えがちですが、消化吸収されないものを選んでください。これは、腸まで届いてビフィズス菌のエサになるために飲むので、途中で消化吸収されると便秘解消にならないからです。

 

ちょっと待って

ほとんどのメーカーは大人が飲むことを考えて作っているので、赤ちゃんの便秘対策までは裏書に書いてありません。大人用の使用量である事を認識して、ホームページで確認するか、直接電話して赤ちゃんが飲んでもいいのか、どれくらい1度に、1日に飲んでいいのかしっかり確認しましょう。

悩むより試してみては?オリゴ糖で妊婦の便秘対策

ninpu

妊婦さんはどうして便秘になりやすいのでしょうか?赤ちゃんが大きくなるにつれて腸が圧迫されてしまう、腸の働きを抑えてしまう黄体ホルモンが増えてしまうといった原因が考えられますが、精神的に不安定になりやすい時期なので何かしらのストレスを感じた場合も腸の動きに影響を与えてしまいます。お腹の赤ちゃんのことを一番に考えてしまうので、便秘をどのように解消するか悩む方も多いと思います。そんな時は難しく考えず、手軽にできることから始めていけばいいのです。
体調が悪くなければ、ストレス解消のためにも軽い運動を取り入れてみてください。マタニティ専用のスイミング、ヨガ、フィットネスなどのスクールを利用してもいいですし、レッスンのDVDを買って家で運動してみるのもいいですね。特に何かしようと思わなくてもゆったりとした気持ちになれる場所を散歩してみるだけで胎教にも良いと思います。
食事の面では水分をまめに取り、食物繊維を取り入れるよう心掛けてみてください。ただし、食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、不溶性食物繊維は便の量が多くなるため取りすぎると便秘が悪化してしまう可能性があることも覚えておきましょう。
便秘を元から改善するには腸内の環境を整える必要があります。腸内環境を良くするには腸内の善玉菌を元気にすることが一番です。善玉菌を活性化させるにはオリゴ糖が有効だと言われています。難消化性のオリゴ糖は大腸でビフィズス菌のエサになるのです。
オリゴ糖は種類がいろいろとあり、製品によって甘みが違いますが、普段の食事やおやつに取り入れる他、飲み物に入れて手軽に取ることができます。カロリーも砂糖に比べてずっと低いので体重をコントロールしている妊婦さんにも使いやすいと思います。
ドラッグストアやスーパーではいろいろなオリゴ糖が販売されているので、妊婦さんでも安心して使えるものかどうか不安を感じますね。妊婦さんからの評判が良い製品もありますが、通販限定なので使ってみる際は、お試しに一つだけ購入してみることをおすすめします。
便秘が改善されれば悩んでいた分ストレスも減ります。お母さんのちょっとした心のゆとりがおなかの赤ちゃんにも伝わるはずです。ぜひ自分に合うオリゴ糖をみつけて善玉菌をコントロールし、快適なマタニティライフを送ってください。

便秘解消にきのこを取り入れたい一番の理由

kinoko

最近よく耳にする腸内フローラとは何かご存知ですか?少し前までは腸内細菌叢と呼ばれることが多かったのですが、お腹の中で種類ごとにまとまって生息している細菌のことをそう呼んでいます。腸内細菌は生まれてから一年ほどで種類が決定してしまいます。けれども数や割合は変わるので、善玉菌を積極的に増やすよう食事を取れば腸内フローラのバランスは良くなります。もちろん善玉菌が増えれば便秘の解消へもつながっていきます。
できるだけ腸内を良い状態にしていくために、大切なのはきちんと便を排泄することです。そのためにぜひ取り入れていただきたいのがきのこ類です。きのこ類にはセルロース、ヘミセルロース、ペクチンなどたくさんの食物繊維が含まれていて、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維、両方の働きによりスムーズな排便が期待できます。便秘の解消法としてきのこをすすめるのには他にも理由があります。

それはきのこの類を取ることにより他にも期待できる効果がいろいろあるからです。例えば様々な可能性を秘めている成分として研究が進んでいる不溶性食物繊維のグルカンは腸内環境を整える効果、腸管免疫を刺激し免疫力を高めてガンを抑制する効果、コレステロールの値を下げる効果を得られる可能性があると言われています。また紫外線にあたることでビタミンDになるエルゴステロールはガン予防効果があることが実験で認められています。
カロリーの少ないきのこ類はダイエットに利用する人も多い食材ですが、不溶性食物繊維も多いので食べ過ぎれば便秘の状態を悪化させてしまうこともあります。きのこづくしの食事を取るのではなく、おかずに一品加える程度で十分です。一時期ブームになったエノキ氷などの便利な方法もどんどん活用していくといいでしょう。きのこによって成分が異なるので、1種類を食べ続けるのではなくたくさんの種類を取り入れることが望ましいです。ガン予防の効果が期待できるサルノコシカケ科の舞茸もぜひメニューに取り入れてみてください。

マグネシウムで便秘解消!

便秘解消の方法として、マグネシウムを摂るとよいと言われていますが、マグネシウムと言えば、「金属」というイメージがあり、工業利用がメインで、便秘解消には効果がないと思われますが、実際はどうなのでしょうか?

確かに、マグネシウムは金属(合金)として優れているため広く使われています。また、電池の原材料・セラミックの原材料・ガラスを作る際の添加物など、工業用の材料としてもいろいろなジャンルで使われているため、なんとなく食べるものとしてのイメージが湧きにくい方も多く、便秘解消には効果がないと思われがちです。しかし、マグネシウムは食品添加物や医薬品・肥料など、私たちの身近なところでも幅広く使われていて、便秘解消にも効果があることがわかっています。

そもそも、便秘の時に病院でもらえる便秘薬には酸化マグネシウムが使われていて、「マグネシウム系便秘薬」カテゴリーが存在するほど一般的なのです。では、なぜマグネシウムが便秘の解消に効果があるかというと、マグネシウムには「水分」を吸収する作用があるからなのです。便秘の方は、腸内の便に水分が足りないことが多く、そのせいで便がカチコチに固まっています。そうするとなかなか便が動いてくれず、肛門までたどり着けなくなりどんどん溜まっていくという悪循環になっているのです。

そこで、このマグネシウムを摂ることで、便の中に水分を吸収することができます。その結果、便が柔らかくなりスムーズに動けるようになるのです。また、マグネシウムは胃や小腸で吸収されにくい特徴をがあり、大腸までしっかり届いてくれるので、便秘に対してその効果を発揮してくれるのです。

また、マグネシウムを食品から摂る場合は、普通にスーパーなどで売られています。マグネシウムをたくさん含んでいる食品の代表的なものは、ひじき・こんぶ・さくらえび・いわしなどの海産物がメインになります。

以上のことから、マグネシウムは工業用利用だけではなく、便秘の解消にもとても効果の高いものであると言えます。

カイテキオリゴの最大の魅力は便秘解消効果

kaiteki

腸内環境をよくするなどの利点があるオリゴ糖の力で、家族を健康に導くとされている
カイテキオリゴの1番の人気ポイントは“便秘解消”だと言うことはご存知ですか?
特に女性は便秘で悩んでいる方が多いので、毎日欠かさず生活に取り入れるだけで効果があるカイテキオリゴは大人気なんです。
そんなカイテキオリゴと便秘の関係をご紹介したいと思います。

便秘のメカニズム

そもそもなぜ便秘は起きるのでしょうか?
特に女性の便秘の原因は様々あります。

  • 女性の筋肉不足

男性に比べて筋肉が少ない女性は男性に比べて大便を押す腹筋の力が足りずに
便秘になる可能性が高いのです。

  • 水分不足

女性ホルモンの代表格である“黄体ホルモン”が多く分泌されると、女性の体は水分不足に陥りやすくなります。特に妊娠期や月経前などは要注意なんです。

  • ストレス

私たちの体はストレスを溜め込むと血流が悪くなってしまいます。その結果腸の働きも鈍くなり便秘になってしまいます。

  • ダイエット

女性が夢中になるダイエットですが、過度な食事制限が原因で食物繊維などが不足して便秘になります。

便秘とカイテキオリゴの関係は?

そんな便秘を改善してくれるカイテキオリゴはどう働いてくれるのでしょうか?
カイテキオリゴは、便秘解消に欠かせない善玉菌の1種である“ビフィズス菌”の働きをサポートする役目があるんです。
詳しく言うと、オリゴ糖はビフィズス菌のエサになるので、このエサによってビフィズス菌の数が増えると言う訳なんです。
カイテキオリゴでオリゴ糖を摂取する事で、腸内の環境の改善が便秘の解消に繋がります。
また、歳を取ると老化により悪玉菌が増えるのでお年寄りにもおススメなんです。
しかもカイテキオリゴは天然成分で他のオリゴ糖商品よりも純度が高いので、
更なる効果が期待できるのです。

便秘に効果的なカイテキオリゴの取り方は?

カイテキオリゴの便秘に効果的な摂取方法は、同じく腸内環境を整えると言われるヨーグルトに入れて食べる事です。
これに限らず、料理など日々の生活に取り入れてみて下さいね。

カイテキオリゴ+食生活の充実を!

カイテキオリゴだけを取っていれば万事OKと言う事でもありません。
普段から食物繊維の豊富な食材を積極的に取り入れる事が必要です。
更には軽い運動なども並行して行う事が大事です。
カイテキオリゴはあくまでも便秘をサポートするものと心得て、
普段の食事に上手く取り入れて長年の悩みだった便秘とサヨナラしましょう。

キヌアの便秘解消効果

kinua

レシピを開くと、キヌアという文字がたくさん。

こんなにあるよ!キヌアのレシピ
キヌアって、いったい何でしょう?
しかも便秘にもイイって書いてあるし。
そう、キヌアは健康にいいことがたくさんなんです!

驚きのキヌア効果とは

キヌアとは、南アメリカの高地でとれる雑穀に分類されている穀物です。
雑穀として白米より栄養価が高いため、健康食品として今注目されています。
タンパク質、ミネラル、アミノ酸、食物繊維を多く含み、近年日本でも健康食品として話題に上っているのです。

キヌアの便秘解消効果とは

キヌアに含まれる食物繊維は、玄米の2倍以上。白米のなんと10倍以上。
また、グルテンを含まず、グリアジンアレルギーを持つ人でも食べることができるのです。
食物繊維は炭水化物の一種で、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。
人の胃や小腸の消化酵素では消化されることなく大腸まで到達し、ビフィズス菌や乳酸菌いわゆる善玉菌のエサとなり、酸に弱い悪い菌の増殖を抑え善玉菌が増える助けをしてくれます。
さらに、食物繊維は腸内で水分を含むと便を柔らかくさせ排便を促してくれるんです。

その他、キヌアの魅力

キヌアには食物繊維の他、カルシウムや鉄、マグネシウムや葉酸もたくさん含まれています。マグネシウムも人の体には大切なミネラルですよね。
ホルモンの分泌や神経伝達、筋肉運動にはマグネシウムが欠かせません。
その他、マグネシウムは便秘薬としても知られているように、便通を良くしてくれる成分として見逃せません。
便秘の時は腸内で便が硬くなってしまい、水分が足りなくなっていることが考えられます。マグネシウムは吸収されにくく、腸内で水分を吸収して硬くなった便に水分を与え、便通を良くしてくれるのです。
ちなみに、キヌアのマグネシウム含有量は玄米の1.7倍、白米の8.5倍なんです。

取りすぎにはご注意を

キヌアがどれほどいいとはいっても、取りすぎには注意が必要です。
食物繊維はいいのですが、食べ過ぎるとお腹の調子が逆に悪くなったり、
お腹の膨満感が増して不快感を訴えたりするかもしれません。
また、マグネシウムを摂り過ぎると、下痢やお腹がゴロゴロしたりするおそれがあります。また、マグネシウムは胃や腸で吸収されにくく、排泄腎臓など排泄機能が低下している人は更に摂り過ぎないことが大切です。

いかがですか?
キヌア、1回は試してみたいですよね。