キヌアの便秘解消効果

kinua

レシピを開くと、キヌアという文字がたくさん。

こんなにあるよ!キヌアのレシピ
キヌアって、いったい何でしょう?
しかも便秘にもイイって書いてあるし。
そう、キヌアは健康にいいことがたくさんなんです!

驚きのキヌア効果とは

キヌアとは、南アメリカの高地でとれる雑穀に分類されている穀物です。
雑穀として白米より栄養価が高いため、健康食品として今注目されています。
タンパク質、ミネラル、アミノ酸、食物繊維を多く含み、近年日本でも健康食品として話題に上っているのです。

キヌアの便秘解消効果とは

キヌアに含まれる食物繊維は、玄米の2倍以上。白米のなんと10倍以上。
また、グルテンを含まず、グリアジンアレルギーを持つ人でも食べることができるのです。
食物繊維は炭水化物の一種で、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。
人の胃や小腸の消化酵素では消化されることなく大腸まで到達し、ビフィズス菌や乳酸菌いわゆる善玉菌のエサとなり、酸に弱い悪い菌の増殖を抑え善玉菌が増える助けをしてくれます。
さらに、食物繊維は腸内で水分を含むと便を柔らかくさせ排便を促してくれるんです。

その他、キヌアの魅力

キヌアには食物繊維の他、カルシウムや鉄、マグネシウムや葉酸もたくさん含まれています。マグネシウムも人の体には大切なミネラルですよね。
ホルモンの分泌や神経伝達、筋肉運動にはマグネシウムが欠かせません。
その他、マグネシウムは便秘薬としても知られているように、便通を良くしてくれる成分として見逃せません。
便秘の時は腸内で便が硬くなってしまい、水分が足りなくなっていることが考えられます。マグネシウムは吸収されにくく、腸内で水分を吸収して硬くなった便に水分を与え、便通を良くしてくれるのです。
ちなみに、キヌアのマグネシウム含有量は玄米の1.7倍、白米の8.5倍なんです。

取りすぎにはご注意を

キヌアがどれほどいいとはいっても、取りすぎには注意が必要です。
食物繊維はいいのですが、食べ過ぎるとお腹の調子が逆に悪くなったり、
お腹の膨満感が増して不快感を訴えたりするかもしれません。
また、マグネシウムを摂り過ぎると、下痢やお腹がゴロゴロしたりするおそれがあります。また、マグネシウムは胃や腸で吸収されにくく、排泄腎臓など排泄機能が低下している人は更に摂り過ぎないことが大切です。

いかがですか?
キヌア、1回は試してみたいですよね。