インナーマッスルを鍛えることは便秘の解消につながるの?

inner

インナーマッスルを鍛えると、スタイルの改善だけではなく、今まで長年悩んできた頑固な便秘解消にも効果があると言われていますが、本当のところはどうなのでしょうか?

確かに、便秘というのは生まれ持った遺伝的なものや、食べ物や飲み物、または大腸などの内臓に問題があるのであって、それを解消するには食生活や生活習慣を改善しないと便秘の解消にはつながらないので、筋トレをしても便秘は解消されない。という考え方が一般的だと思います。しかし、インナーマッスルと便秘には密接な関係があり、インナーマッスルを鍛えることで、便秘解消につなげることができるかもしれないのです。

なぜなら、インナーマッスルを鍛えることで、大腸のぜん動運動と呼ばれる便を肛門まで運ぶ動作が活発になったり、腸のねじれが治って正常になるからです。インナーマッスルの中の腸骨筋と大腰筋と呼ばれる部分は、骨盤の深い部分にあり、骨盤と大腿骨・背骨と骨盤をそれぞれつないでいて、歩行の時に使われます。そしてこれらの筋肉は、大腸のすぐそばにあり、鍛えることで、ぜん動運動を促してくれたり、内臓を適正な位置に戻し、大腸のねじれを矯正してくれるのです。

しかし、インナーマッスルは意識してトレーニングを行わないと鍛えることが難しく、がむしゃらにやればいいというものではありません。ですので、重いウエイトをつかった負荷の高いトレーニングはインナーマッスルを鍛えるのには向いていません。では、どういったトレーニングがいいかというと、まずは「歩く」ことです。それも背筋をピンと伸ばして足を根元からしっかり振り出すことを心掛けないと効果がありません。最初はこれだけでもインナーマッスルに刺激が伝わり、徐々に筋力が向上していくでしょう。

以上のことから、インナーマッスル(腸腰筋・腸骨筋)を鍛えると、大腸が正常な活動ができるようになり、便秘解消に大きく役立ってくれると言えます。