便秘がひどくなるさつまいもがあるって本当?

satuma

食物繊維たっぷりのさつまいも。秋、冬はアツアツの焼き芋や天ぷら、暑い時期には冷凍した焼き芋や大学芋を半解凍して食べるのも美味しいですね。食べるとすぐにガスが出るイメージが強く、通常は確かに便通が良くなります。けれども、さつまいもは便秘を悪化させてしまうこともあるのです。もちろんさつまいもの中に便秘を起こす種類が存在するわけではありません。紅あずま、鳴門金時、安納芋などさつまいもならどの種類でも同じで、食べない方がかえってお腹の調子が良い時もあります。
そもそも、さつまいもはなぜ便秘に効果があるといわれているのでしょう?それはさつまいもに含まれるヤラピンという成分に腸の動きを良くする働きがあると分かっているからです。生のさつまいもを切った際、包丁に付く白い液体、芋掘りの後でなかなか落とせない黒い汚れがヤラピンですので、知らず知らずのうちに目にしていることがあると思います。ヤラピンは熱に強いため火を使って調理しても壊れないのが特徴です。
もう一つ便秘に良いとされている食物繊維も豊富です。しかしさつまいもに含まれる食物繊維は水に溶けやすい水溶性食物繊維ではなく不溶性食物繊維なので水分を含み腸内での便の量が増えることになります。ですから腸の状態が通常の場合はもしくは軽度の便秘の場合は排泄が促進され、腸内に蓄積されている宿便などもスムーズに排便できるようになります。しかし何日も便秘が続いている人の腸内は既に排泄すべき食べ物のカスが溜まっています。

 

排出されなければならない便で狭まっている腸内に新たにカスが入ってくれば、ますます排便しにくい状態になってしまうのです。つまりさつまいもを食べた後でも便が出ず、反対にお腹が張って苦しい感じがした時は、食べる量が少なすぎたのではなく、今の状態に合っていないのだと判断できます。さつまいもで便秘解消をする場合は、便秘の程度がどのくらいであるかを自分で判断してより苦しい状況にならないよう気をつけましょう。

カイテキオリゴは赤ちゃんも飲めるって本当?

kaiteki

便秘解消に高い効果があると評判のカイテキオリゴですが、赤ちゃんの便秘にも効果があるってご存知でしたか?

ママの間では、妊娠中からカイテキオリゴを愛用されていて、産まれてきた赤ちゃんが便秘がちなので、飲ませていると言う方もいらっしゃいます。
カイテキオリゴは赤ちゃんに飲ませても大丈夫なのでしょうか?
便秘で悩む赤ちゃんにも、本当に効果があるのでしょうか?
カイテキオリゴと赤ちゃんについて調べてみましたのでご紹介します。

カイテキオリゴは赤ちゃんに飲ませて大丈夫なの?

カイテキオリゴは、便秘を解消してくれる食品であって、薬ではありません。添加物も一切使用されておらず無添加なので、赤ちゃんの身体にも優しい商品になっています。
赤ちゃんが離乳食をスタートさせる5~6カ月頃から便秘になることがよくあります。やはりそれまではママの母乳やミルクだけだったのが、少しずついろんなものを摂取するようになるので、赤ちゃんによっては、便秘になってしまうこともよくあります。
赤ちゃんの便秘対策といえば、やはり綿棒で浣腸やお腹をのの字にマッサージしてあげるのが一般的ですが、それでも効果のない赤ちゃんにカイテキオリゴがオススメです。
カイテキオリゴのオリゴ糖は、国産の天然素材使用で、純度がほぼ100%です。
赤ちゃんのお腹の調子を整えて、自然に便が出るように働きかけてくれます。カイテキオリゴは自然食品なので、赤ちゃんに飲ませても大丈夫です。

赤ちゃんにもカイテキオリゴは本当に効果があるの?

個人差がありますが、カイテキオリゴの口コミなどを読む限りカイテキオリゴを利用された赤ちゃんの多くはその効果のおかげで、自然に便を出すことができるようになっています。
ですが、効果はすぐにあらわれる赤ちゃんは少ないようで、やはり早くても、カイテキオリゴを飲ませ始めて、1週間程度経過したころから便がでるようになる赤ちゃんが多いようです。
2~3日あげてみて効果がないと感じてしまいがちですが、根気よく1週間ほど様子をみてあげることをオススメします。

赤ちゃんへのカイテキオリゴの飲ませ方

カイテキオリゴの赤ちゃんの摂取量は、1日1gからになっています。
専用のスプーンで軽量してから、ヨーグルトや果汁などに溶かしてあげたり、離乳食に混ぜてあげたりするのもおすすめです。
1日の量や回数は、赤ちゃんの様子をみて、いきなり量や回数を増やすようなことはしないで、加減してあげてください。
カイテキオリゴの効果で便が出るようになったら、一度カイテキオリゴの使用をストップするのもいいと思います。
しばらくして、また便秘が続いた時に飲ませてあげるというのがいいでしょう。

いかがでしたか?

赤ちゃんの便秘にも効果があるカイテキオリゴですが、やはり赤ちゃんに飲ませる量には注意が必要です。
結果を急ぐあまり、量や回数を増やすのは危険ですので気を付けてください。
オリゴ糖は飲みすぎるとお腹がゆるくなることがありますし、母乳をあげているママがカイテキオリゴを飲んでいる場合は、赤ちゃんに飲ませる量を減らさないと、ママが摂取した分を母乳から摂取することになるので、オリゴ糖の過剰摂取になってしまうことがありますので、授乳期の赤ちゃんに与える量は注意が必要です。

便秘解消にツボ刺激は効果がある?

tubo

何日も出ないつらい便秘解消に、東洋医学の「ツボ」を刺激することで排便を促すことができると言います。なじみのない人にとってみれば怪しい感じもするツボ刺激ですが、本当に効果があるのでしょうか?

確かに、ツボ刺激に代表されるような東洋医学は、知識のない人から見れば根拠が分かりにくく、治療の風景もマッサージとあまり変化がない上に、昔からのイメージでオカルトのような雰囲気も手伝って、とても怪しく見えると思います。しかし、東洋医学にも長い歴史の中で実際に治療を繰り返して築いてきた確かな根拠があり、ツボの刺激などの処方もその根拠に基づいた上で行っていますので便秘解消をはじめとした様々な症状を改善していくことができます。

その背景には、東洋医学は体の中にエネルギーの通り道である、経絡(けいらく)と呼ばれるものが体中に張り巡らされていて、その中でも特にエネルギーの反応が強い場所が存在すると言われています。それこそが、ツボであり東洋医学で「経穴(けいけつ)」と呼ばれていて、私たちの体の中には365か所ものツボがあります。東洋医学では体に何らかの不調があるときはこれらのツボに変化が現れるという考え方があり、変化が表れているツボに刺激を与えることで体の不調は改善できる、という基本的な治療の考え方があります。

もちろん便秘という体の不調に対応するツボも多く存在し、そのツボを刺激することで便秘を改善していきます。例えば、背中側の肋骨の一番下の骨から指2本分下に、背骨から指4本分外側へいったところにあるツボは、その名も便秘点と呼ばれ、便秘解消に大きく効果があるとされています。そのほかにも、お腹(天枢)・手(合谷)・足(三陰交)など、様々な場所に便秘に効果があるツボが存在します。

以上のことから、便秘解消に東洋医学のツボを刺激することは、長い歴史の中で築き上げられた実績のある方法ですので、効果のあることと言えます。