カイテキオリゴは赤ちゃんも飲めるって本当?

kaiteki

便秘解消に高い効果があると評判のカイテキオリゴですが、赤ちゃんの便秘にも効果があるってご存知でしたか?

ママの間では、妊娠中からカイテキオリゴを愛用されていて、産まれてきた赤ちゃんが便秘がちなので、飲ませていると言う方もいらっしゃいます。
カイテキオリゴは赤ちゃんに飲ませても大丈夫なのでしょうか?
便秘で悩む赤ちゃんにも、本当に効果があるのでしょうか?
カイテキオリゴと赤ちゃんについて調べてみましたのでご紹介します。

カイテキオリゴは赤ちゃんに飲ませて大丈夫なの?

カイテキオリゴは、便秘を解消してくれる食品であって、薬ではありません。添加物も一切使用されておらず無添加なので、赤ちゃんの身体にも優しい商品になっています。
赤ちゃんが離乳食をスタートさせる5~6カ月頃から便秘になることがよくあります。やはりそれまではママの母乳やミルクだけだったのが、少しずついろんなものを摂取するようになるので、赤ちゃんによっては、便秘になってしまうこともよくあります。
赤ちゃんの便秘対策といえば、やはり綿棒で浣腸やお腹をのの字にマッサージしてあげるのが一般的ですが、それでも効果のない赤ちゃんにカイテキオリゴがオススメです。
カイテキオリゴのオリゴ糖は、国産の天然素材使用で、純度がほぼ100%です。
赤ちゃんのお腹の調子を整えて、自然に便が出るように働きかけてくれます。カイテキオリゴは自然食品なので、赤ちゃんに飲ませても大丈夫です。

赤ちゃんにもカイテキオリゴは本当に効果があるの?

個人差がありますが、カイテキオリゴの口コミなどを読む限りカイテキオリゴを利用された赤ちゃんの多くはその効果のおかげで、自然に便を出すことができるようになっています。
ですが、効果はすぐにあらわれる赤ちゃんは少ないようで、やはり早くても、カイテキオリゴを飲ませ始めて、1週間程度経過したころから便がでるようになる赤ちゃんが多いようです。
2~3日あげてみて効果がないと感じてしまいがちですが、根気よく1週間ほど様子をみてあげることをオススメします。

赤ちゃんへのカイテキオリゴの飲ませ方

カイテキオリゴの赤ちゃんの摂取量は、1日1gからになっています。
専用のスプーンで軽量してから、ヨーグルトや果汁などに溶かしてあげたり、離乳食に混ぜてあげたりするのもおすすめです。
1日の量や回数は、赤ちゃんの様子をみて、いきなり量や回数を増やすようなことはしないで、加減してあげてください。
カイテキオリゴの効果で便が出るようになったら、一度カイテキオリゴの使用をストップするのもいいと思います。
しばらくして、また便秘が続いた時に飲ませてあげるというのがいいでしょう。

いかがでしたか?

赤ちゃんの便秘にも効果があるカイテキオリゴですが、やはり赤ちゃんに飲ませる量には注意が必要です。
結果を急ぐあまり、量や回数を増やすのは危険ですので気を付けてください。
オリゴ糖は飲みすぎるとお腹がゆるくなることがありますし、母乳をあげているママがカイテキオリゴを飲んでいる場合は、赤ちゃんに飲ませる量を減らさないと、ママが摂取した分を母乳から摂取することになるので、オリゴ糖の過剰摂取になってしまうことがありますので、授乳期の赤ちゃんに与える量は注意が必要です。