便秘がひどくなるさつまいもがあるって本当?

satuma

食物繊維たっぷりのさつまいも。秋、冬はアツアツの焼き芋や天ぷら、暑い時期には冷凍した焼き芋や大学芋を半解凍して食べるのも美味しいですね。食べるとすぐにガスが出るイメージが強く、通常は確かに便通が良くなります。けれども、さつまいもは便秘を悪化させてしまうこともあるのです。もちろんさつまいもの中に便秘を起こす種類が存在するわけではありません。紅あずま、鳴門金時、安納芋などさつまいもならどの種類でも同じで、食べない方がかえってお腹の調子が良い時もあります。
そもそも、さつまいもはなぜ便秘に効果があるといわれているのでしょう?それはさつまいもに含まれるヤラピンという成分に腸の動きを良くする働きがあると分かっているからです。生のさつまいもを切った際、包丁に付く白い液体、芋掘りの後でなかなか落とせない黒い汚れがヤラピンですので、知らず知らずのうちに目にしていることがあると思います。ヤラピンは熱に強いため火を使って調理しても壊れないのが特徴です。
もう一つ便秘に良いとされている食物繊維も豊富です。しかしさつまいもに含まれる食物繊維は水に溶けやすい水溶性食物繊維ではなく不溶性食物繊維なので水分を含み腸内での便の量が増えることになります。ですから腸の状態が通常の場合はもしくは軽度の便秘の場合は排泄が促進され、腸内に蓄積されている宿便などもスムーズに排便できるようになります。しかし何日も便秘が続いている人の腸内は既に排泄すべき食べ物のカスが溜まっています。

 

排出されなければならない便で狭まっている腸内に新たにカスが入ってくれば、ますます排便しにくい状態になってしまうのです。つまりさつまいもを食べた後でも便が出ず、反対にお腹が張って苦しい感じがした時は、食べる量が少なすぎたのではなく、今の状態に合っていないのだと判断できます。さつまいもで便秘解消をする場合は、便秘の程度がどのくらいであるかを自分で判断してより苦しい状況にならないよう気をつけましょう。