便秘がひどくなるさつまいもがあるって本当?

satuma

食物繊維たっぷりのさつまいも。秋、冬はアツアツの焼き芋や天ぷら、暑い時期には冷凍した焼き芋や大学芋を半解凍して食べるのも美味しいですね。食べるとすぐにガスが出るイメージが強く、通常は確かに便通が良くなります。けれども、さつまいもは便秘を悪化させてしまうこともあるのです。もちろんさつまいもの中に便秘を起こす種類が存在するわけではありません。紅あずま、鳴門金時、安納芋などさつまいもならどの種類でも同じで、食べない方がかえってお腹の調子が良い時もあります。
そもそも、さつまいもはなぜ便秘に効果があるといわれているのでしょう?それはさつまいもに含まれるヤラピンという成分に腸の動きを良くする働きがあると分かっているからです。生のさつまいもを切った際、包丁に付く白い液体、芋掘りの後でなかなか落とせない黒い汚れがヤラピンですので、知らず知らずのうちに目にしていることがあると思います。ヤラピンは熱に強いため火を使って調理しても壊れないのが特徴です。
もう一つ便秘に良いとされている食物繊維も豊富です。しかしさつまいもに含まれる食物繊維は水に溶けやすい水溶性食物繊維ではなく不溶性食物繊維なので水分を含み腸内での便の量が増えることになります。ですから腸の状態が通常の場合はもしくは軽度の便秘の場合は排泄が促進され、腸内に蓄積されている宿便などもスムーズに排便できるようになります。しかし何日も便秘が続いている人の腸内は既に排泄すべき食べ物のカスが溜まっています。

 

排出されなければならない便で狭まっている腸内に新たにカスが入ってくれば、ますます排便しにくい状態になってしまうのです。つまりさつまいもを食べた後でも便が出ず、反対にお腹が張って苦しい感じがした時は、食べる量が少なすぎたのではなく、今の状態に合っていないのだと判断できます。さつまいもで便秘解消をする場合は、便秘の程度がどのくらいであるかを自分で判断してより苦しい状況にならないよう気をつけましょう。

赤ちゃんの便秘にオリゴ糖という選択肢はどうなの?

akaori

赤ちゃんのことについては、心配が尽きませんよね。お乳の出が悪いのかな? ミルクを飲まない。離乳食を上手に食べてくれない。寝返りが遅いのかな? 初めての子ならなおさらです。

その中でも、健康管理は重大問題です。なにせ、話しが出来ないから、どこが痛いのかどう痛いのか教えてくれないのですから。その中でも、便秘がよくありがちな問題です。

 

どうして便秘に……

便秘にならないように気をつけることが出来たらいいですが、動きだした赤ちゃんを止めることは誰にもできません。ということは、何を食べてしまうか分からない! ということなのです。それが便秘になる原因の1つです。

それまできれいだった腸内環境に雑菌が入りこんでしまうのです。

 

オリゴ糖はどうなの?

便秘解消に薬を使うのは、抵抗がありますよね。「の」の字にマッサージしても出てこない、でも薬は出来れば使いたくない! 病院で処方された便秘の薬だったとしても何となく抵抗がありますよね。便秘になる前に食べ物で便秘予防をしたいところです。

ここで登場するのが、オリゴ糖です。ビフィズス菌のエサになり、腸内環境を整えて排便を促してくれるのです。オリゴ糖は母乳にも多く含まれている成分ですが、離乳食が始まったことにより、母乳を飲む量が減ることでオリゴ糖も減ってしまうのです。

減った分を補うという意味でも、安心です。

 

どんなオリゴ糖がいいのか

オリゴ糖にもいろいろありますよね。液体状のもの、か粒状のもの、サプリメント状のものなど、オリゴ糖と1口に言ってもいろいろなものが販売されています。ですが、お勧めなのは液体状のものです。大きな形のものだと上手に飲み込めないでのどに詰まったり、誤嚥のもとになってしまうからです。

ヨーグルトや飲み物に混ざるものにしましょう。

そして、消化吸収されるものと、消化吸収されないものがあります。間違えがちですが、消化吸収されないものを選んでください。これは、腸まで届いてビフィズス菌のエサになるために飲むので、途中で消化吸収されると便秘解消にならないからです。

 

ちょっと待って

ほとんどのメーカーは大人が飲むことを考えて作っているので、赤ちゃんの便秘対策までは裏書に書いてありません。大人用の使用量である事を認識して、ホームページで確認するか、直接電話して赤ちゃんが飲んでもいいのか、どれくらい1度に、1日に飲んでいいのかしっかり確認しましょう。